診療報酬債権のファクタリング

subpage01

診療報酬債権のファクタリングとは、その債権をその場で買い取りしてくれるサービスのことを指します。

診療報酬債権は、通常の手続きに従うと、健康保険からそのお金が支払われるまでには一定の期間を要します。


これは手続き上仕方のないことで、経営が厳しいから即日支払ってくれと言っても健康保険側は取り合ってくれません。そこでファクタリングサービスの出番になるのですが、これはその場で診療報酬債権を買い取ってくれます。

そして後日ファクタリング会社がその債権を健康保険から回収するわけです。

いわば、回収代行業ということもできますが、診療報酬債権の場合は回収が難しいような債権ではありませんから、代行してくれることに大きな意味があるというよりはむしろ、その場で買い取ってくれるという即時性に意味があります。


支払いまでの間にタイムラグがあることで多くの医療機関がその間の資金繰りに難渋しているわけです。
医療機関に入ってくるお金はこのようにタイムラグがある一方で、出ていくお金は容赦なく出ていくことが多いです。

ファクタリングに関するアドバイスです。

職員の給料を後日支払いますというわけにはいきません。



毎月決まった日に支払う必要があるわけです。光熱費にしてもそうでしょう。医療機器や薬剤費については売掛金扱いにできる場合もあるかもしれませんが、その場での支払いを求められる場合も多いかもしれません。この間の資金繰りに有用なのがファクタリングサービスを利用することなのです。



ファクタリングの納得の知識

subpage02

ファクタリング業では売掛金等の債権を期日前に現金化することで融資を提供することが出来ますが、債務者の信用状態を適正に調査しないと、倒産などによる回収不能リスクを負担することになります。そのリスクをヘッジするには債権者への支払額を減らす等の手段を取ることになります。...

NEXT

ファクタリングの皆が知りたい情報

subpage03

ファクタリングというのはあまり聞いたことのない用語かもしれませんが、簡単に言えば、企業の持つ様々な債権を買い取るサービスのことを指します。例えば診療報酬債権もその対象の一つです。...

NEXT

ファクタリングの秘訣

subpage04

診療報酬債権ファクタリングとは、病院や薬局が持つ診療報酬の債権をファクタリング業者に譲り渡すことで資金を調達する方法をいいます。病院や薬局など保険診療を行っている医療機関は、患者の自己負担となる3割を除いた7割を健康保険として支払いを受けるため、国民健康保険団体連合会(国保)や社会保険診療支払基金(社保)に支払請求をすることになります。...

NEXT

1から学ぶファクタリング

subpage04

ファクタリング取引とは、売掛金などの債権をファクタリング専門会社に譲渡し期限前に債権を現金化する一方で、債務者は専門会社に期限到来時に売掛金全額を支払うことで債権債務の弁済が完結する取引のことをいいます。運転資金融資のために不動産担保に担保権を設定するには、担保価値のある不動産を所有していることが前提になるので利用できる上ではある程度高いハードルがあります。...

NEXT