水漏れのトラブルで修理を呼ぶとき

水周りの機器で水漏れ問題が起きたとき、戸建ての持ち家であれば自分で修理を頼むしかありません。すぐに水道屋さんに電話して原因を追究してもらい、修理をお願いすることになるでしょう。水道のトラブルが家の中に引き込む前の本水道で起きていない限りにおいて、ほぼすべてのトラブルは家の持ち主が責任を持つことになります。戸建ての場合、水回りの選択から配置まで自分で決められる代わりに、トラブルもすべて自分で引き受けねばなりません。

一方、マンションの場合はちょっと違います。水漏れが起きた場合、それが自分の部屋の中で起きたのか、マンションの共用部で起きたものなのかを確認する必要があります。マンションの場合は本水道からマンションのタンクに水を引き入れ、その後に各部屋に水が供給されるシステムをとっている場合もあるのでどこでトラブルが起きたのかを確認してから、責任の所在がはっきりするのです。もちろん、単に蛇口のパッキングが緩んだ場合や、シャワーヘッドが壊れたなどの場合は専有部の問題なので持ち主が修理をすることになるでしょう。

マンションの専有部分とは玄関の内側の壁に囲まれた部分で、ベランダを除くその人だけが使えるスペースのことです。お風呂やトイレ、キッチンなども住んでいる人だけが使えるスペースなので、自分で好きなメーカーが選べますが故障については自分が責任を負うことになるのです。尚、いずれにしても水漏れの場合、賃借人は賃貸人の指示に従う必要がありますが、責任は負わないケースが多いでしょう。水漏れトラブルの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *