突然の水漏れのトラブルで修理を依頼をする前に

突然の水漏れにパニックになってしまう人は多いと思います。水漏れのトラブルが起こると、水道代がかかるほか、ひどくなると家具や床が水浸しになってしまうこともあります。集合住宅に住んでいたりすると下の階にまで被害が及んでトラブルにもなり兼ねません。そんな時、まず連絡するのは水道修理の業者だと思いますが、実は状況によっては自分で修理することもできるんです。

水漏れが起きる原因は大きく分けて4つあります。まず1つ目は、水道管の部品の劣化です。水道関係で使用されている部品の耐用年数は十年前後と言われているので水漏れが発生した時は、部品が寿命を迎えたと思っていいかもしれません。2つ目は、部品が故障していたり、接合部分が緩んでいる場合です。

この、1つ目と2つ目の場合は、メーカーに問い合わせて同じ部品が見つかればもしかしたら自分で部品を交換するだけで修理できるかもしれません。3つ目は、水道管自体が破損している場合です。問題が起こっている箇所が配管の途中の場合は、水道管自体が破損している可能性があります。この場合は、水道業者に修理を依頼した方がいいでしょう。

4つ目は、排水管がつまっている場合です。つまりを取り除くことで水が流れるようになり改善する事もありますので一度確認してみましょう。もし、パイプが取り外せるようなら何かつまっていないかを確認し、掃除を行ってみるといいです。このように突然の水漏れのトラブルでパニックにならないためにも正確な判断で対処できたらいいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *