水漏れ修理のトラブル

水漏れのトラブルに関して、持ち家でも賃貸でも、一戸建ての場合は他の住居との関連をほとんど考えなくても大丈夫です。家の中の給水管も排水管も、他の家と共同で使っている場所がないからです。一戸建ては道路の下にある本管から各家の中に水道を引き込んで使い、それぞれの家から別々に配管を通して排水を行っています。他人から直接的に圧力を受けない限りにおいて、戸建ての水道の修理は住んでいる人間が自由に行えます。

賃貸の場合は仲介会社及び大家さんへの連絡が必須ではありますが、使っている賃借人の都合の良い時に、修理をお願いすれば良いでしょう。問題は集合住宅の場合です。給水においても排水においても、必ず同じ階に住んでいる他の居住者と管を共有しているからです。建物の中に共同で使う給水管が引き込まれ、タンクに貯水するかブースターなどで各部屋に給水されます。

従って、給水においてはどこで水漏れトラブルが起きたか判明しないことには修理における責任の所在がはっきりしません。給水管からの水漏れがあった場合には、マンションの管理会社に連絡する必要があります。管理人さんがいる場合は、最初に相談をしてみることをお勧めします。一方排水管からの水漏れトラブルの場合、問い合わせをする前に排水溝のチェック、確認を必ずしましょう。

多くの場合排水溝にはトラップという排水管からの匂い防止・逆流防止のための弁がついており、そこにゴミがたまって水漏れが起きることがあります。洗濯機のバンには逆わんトラップというお椀をかぶせたようなトラップが設置してあり、衣類の糸くずなどが大量に詰まってトラブルとなるケースもあります。日ごろからチェックをしておきましょう

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *