診療報酬債権とファクタリング

subpage01

ファクタリングというのはあまり聞いたことのない用語かもしれませんが、簡単に言えば、企業の持つ様々な債権を買い取るサービスのことを指します。

例えば診療報酬債権もその対象の一つです。

安心安全のファクタリングについて親身になってアドバイスいたします。

診療報酬債権だけに限ったことではありませんが、企業が一般的に何か商品やサービスを売った場合、小売であればその代金は顧客からその場で受け取れることも多いです。
しかし、企業間の取引であったりすると、商品等の代金をその場で受け取れるようなことはむしろ少なくなります。
一般的には、商品等の販売から1か月か2カ月程度もたってから、銀行振り込みその他の方法により決済がなされることが多いでしょう。

これは企業間の取引だけではなく、例えばクレジットカードを利用した個人であっても同じことが当てはまります。クレジットカードを利用された場合、商品等の代金はその場では受け取れません。



このように、商品等を販売した時点と、その商品等の代金を実際に受け取れる時期には開きがあるのが一般的です。


その間、その企業は何とかして運営していかなければなりません。


当然ながらそれは常に容易なことではなく、そこにファクタリングが存在する価値があるのです。


ファクタリングでは、債権、ここでは診療報酬債権を買い取り、その場で即座にその対価を支払います。

ただし100%ではなくある程度の手数料が差し引かれますが、医療機関にとっては資金繰りが楽になるというメリットがあるわけです。